「芽吹く」油彩 F30

北海道札幌西高等学校 1年 
那須 咲羽子

自評文

北海道の深い森の中。厳しい冬の間、静かに息をひそめていた森が、あたたかな春を迎えたとき。再び大きく息をするように、色づき輝き芽吹きはじめた様子をイメージしました。
今、私たちは、様々な不自由や制約の中にいますが、そんな中でも枝を広げて成長したいという気持ちを、木の高さや、森の奥行き、枝の広がりで表現したいと思いました。

作品PA009