「黄昏」水彩 F30

北海道札幌西高等学校 1年 
西原 沙希

自評文

高校生の放課後。その中でも特に夕日の綺麗な時間。この時間には、この時にしか味わうことのできない暖かさと少しの高揚感があると思います。この瞬間の空気感を表すために人物には色をのせず一色で描き、淡くふんわりとした印象になる水彩絵具をを使いました。また、暗いところに真っ黒を使わず焦茶を使用しました。

作品PA010