「理想の人生」油彩 F30

北海道江別高等学校 1年 
吉田 唯花

自評文

この絵では、何のしがらみも無く人生を歩んでいきたいという願いが込められています。苦労した点は、雰囲気です。見た感じ暗い色の部分が多いですが、太陽の光で希望を感じさせるのが難しかったです。細かいところまで描き込めたのでよかったと思います。

作品PA066