「挑戦」水彩 B1

北海道恵庭北高等学校 3年 
船井 勇佑

自評文

色が弾けて広がっていく様子は、色を使うことに苦手意識を持っていた自分が、恐れずそれに挑戦した前向きな感情を表現しています。最初に顔に目が行くことを意識し、どこを描き込んでどこを描き込まないか考えるのが難しかったです。高校3年間の集大成として描いたので、その迫力を感じてほしいです。

作品PA077