「難燃性の蟠り」水彩 F30

札幌大谷高等学校 3年 
星 陽斗

自評文

言葉に出来ないこと、言わなくていいこと、言ってはいけないこと。中身は違えど誰もが抱えているものだと思います。過ぎた話がふと脳裏を過ぎったり、下らない諍いをずっと覚えていたり。
そういうものを描きました。

作品PA122