「可視化創造・芸術運動」アクリル B1

池上学院高等学校 3年 
伊藤 結菜

自評文

現代、絵画は様々な進化を遂げ、幅広いジャンル分けがされるようになりました。その中でも抽象画は、有名なようでまだまだ人口が少ないです。そこで、もっと抽象画を目の片隅に入れてもらいたく、今回の作品を出しました。「もっと純粋に、色を楽しんでみるのはどうだろう?」そんな思いで、私は抽象画を製作しています。

作品PA140