「顔」油彩 F30

北海道檜山北高等学校 3年 
橘 茜音

自評文

この作品には「ありのままの姿の彼女がこの先も笑顔でありますように」という思いを込めて描きました。人の笑顔には色々な種類があると思います。明るい笑顔でなくても、ありのままの彼女が笑っていることを願っています。

作品PB035