「陶酔の園」油彩 F30

北海道小樽未来創造高等学校 2年 
長谷川 真央

自評文

「陶酔」という言葉は、うっとりとその境地に浸るという意味です。蒲萄の花言葉にも陶酔があり、蒲萄がワインの原料となることに由来しています。ワインが人を酔わせるように、その境地や世界観に酔いしれてしまうほどの強さや美しさの表現を目指しました。蒲萄の果汁のような肌の瑞々しさや光沢がこの絵を引き立ててくれていると思います。まだまだ課題は山積みですが、自分が納得できる絵を描けるようにこれからも頑張りたいです。

作品PC009