「夏菊」油彩 F30

北海道岩内高等学校 3年 
小田桐 栞音

自評文

華やかで、目を引くような絵にしたいと思ったので、鮮やかな色合いの花を題材に選びました。気をつけたところは質感で、花びらの薄さ、透き通った感じと、対照に背景にあるユーカリの葉には厚みを出せるように意識しました。また、彩度の高い部分と影のコントラストははっきり出しつつ、全体を調和させるのが難しかったです。

作品PC010