「理想と現実」油彩 F30

北海道深川西高等学校 2年 
道下 萌

自評文

キャンバスを半分に分けて、上半分にすさんだ現実の世界、下半分に湖面に映る幻として、美しい現実を描いてみました。今は薄暗いよどんだ現実であっても、未来は緑の山、満開の桜のような美しい未来であってほしい。そんな思いがパッと伝わるように、背景にこだわって描きました。

作品PD019