「時間の流れ」アクリル B1

北海道滝川西高等学校 1年 
上杉 幸四郎

自評文

時間の流れでだんだんとすたれていくようなイメージを描きました。苦労した点は重なっていくところで色を手前と奥に塗り分けるところです。歯車のかみ合ったところをこだわりました。反省点はもっと早くに作品を決めていれば歯車などの陰影を出せてよくなると思いました。

作品PD032