「雨明」油彩 F30

北海道旭川西高等学校 3年 
相澤 穂乃香

自評文

旭川駅前五条通からの景色です。夜景で綺麗に見える雨の日を狙って、夜八時ごろに撮影した写真をもとにしました。街頭の明かりが黄色っぽいので、建物に青や緑を多くくわえて、雨の日の冷たさを表現しました。この絵は、コロナの影響もあって人がいないのですが、ただ単に寂しい悲しいという思いだけでなく、たくさんの人で賑わう日が早く戻ってくるようにという願いを込めて描きました。雨が明けるのと同じく暗い世の中も明けますように。

作品PE001