「うきよはゆめ」油彩 F30

北海道釧路明輝高等学校 3年 
中村 冴華

自評文

この絵は、寝ている弟の夢の世界を描きました。赤いラインはその夢を見ている私たちを表現しています。子どものらくがきのような絵は、子どもが私たちに表現できる手段で、でもその裏側にはいろいろな世界が広がっているんじゃないかと思い描きました。「浮き世は夢」・・・・人生は夢のように儚く過ぎ去っていくこと。

作品PH011