「家路」油彩 F30

北海道中標津高等学校 2年 
西山 詩奏

自評文

丸みを出すことによって写真とはまた違う、新たな感覚で、表現することが出来ました。しかし夕焼けに対して全体の影や色の配色の書き込みが少ないと思いました。細部の書き込みをするとさらに良くなったのではないかと思い少し残念です。

作品PH032