「瞬息」油彩 F30

北海道札幌厚別高等学校 3年 
小野寺 楓

自評文

あっという間に過ぎてゆく日々の中で、学校の充実感と放課後の退屈感、将来への不安と期待の狭間で揺れ動く感情を表現しました。最後の高文連で、仲間と過ごしたかけがえのない日々を思いながら描きました。

作品PA030