「瀛蕾」ペン画 B1

北海道石狩翔陽高等学校 3年 
伊邉 花楓

自評文

この作品のテーマは「自身」です。この鯨(蕾)は、「楽しさ」だけではなく、「自分自身」についても見つけ出して水面から勢いよく姿を現し、月の光を浴び「瀛蕾」という菜の花(自分自身)を咲かせる様子となっています。鯨がメインなので周りよりも美しく描き込みました。また、鯨の姿を崩さずに見て楽しんでもらえるよう工夫して描いたので、ぜひ楽しんでもらえたら幸いです。

作品PA088