「悟り」油彩 F30

北海高等学校 3年 
千葉 なずな

自評文

選択肢から何か一つを選ぶとき、自分の感情同士が対立し、どちらを選べばよいのか分からなくなってしまうことがあるが、思いきった決断の後に見えてくる、周りの雰囲気や本当の自分の気持ちがある。そのような、新たな気付きを表現した作品である。

作品PA105