「無我」油彩 F30

札幌大谷高等学校 3年 
髙津 芽生

自評文

私は作品を制作する際、周りの目を気にするあまり自分の個性をうまく反映させることができません。良い作品にしようとすればするほどそれが顕著に表れます。そんな私の葛藤を作品に昇華したいと思いました。ユリの花言葉は「純粋」です。少しでもこの気持ちを理解していただけると嬉しいです。

作品PA115