「鏡」油彩 F30

札幌日本大学高等学校 2年 
高橋 ひなの

自評文

妹が鏡を見ている場面を描きました。絵を見て一番最初に目につくところが顔だと思い他よりも集中して描きあげました。
期限が迫ってくると焦りから筆がのらなくなり大変でしたが、なんとか仕上げることができました。
絵を見る時は2~3m離れた所から見て欲しいです。

作品PA134