「ほつれ」油彩 F30

北海道市立函館高等学校 3年 
栃山 野乃花

自評文

織り込まれる1本の糸であれというのはあまりにも息苦しいことなのではないか。

作品PB011