「祖父の宝物」油彩 F30

北海道小樽潮陵高等学校 2年 
勝然 さつき

自評文

祖父はいつも私に優しく笑いかけてくれます。そんな笑顔が大好きで、この絵を描きました。祖父が自分の畑を大切に思っているように、私も祖父を宝物のように思っています。それが伝わるように、祖父の描き込みを特に細かくして、背景とのメリハリをつけるのに力を入れたので注目して欲しいです。

作品PC005