「I’ve got to go.」油彩 F30

北海道旭川西高等学校 3年 
河合 優奈

自評文

テーマは「夏とのお別れ」。高校生活最後の夏は私にとって特別なものでした。学校祭という大きなイベントも終わり、だんだんと涼しくなっていき、友達と「暑いね」と何でもないような会話をしながら汗を流せるのはあと何回なのだろう。そう思うとそれらの思い出が非常に儚く美しく尊いものに思えて仕方なかったのです。今回はそんな思い出を手放し、次のステップへ進まなければならないという思いを込めて制作しました。夏の思い出を金魚として描き、離れがたい別れと、思い出の美しさを表現するために手を透かせたりしています。暗くなりすぎない寂し気な美しさを感じていただければ幸いです。

作品PE002