「跳ぶ」鉛筆 F30

北海道羽幌高等学校 1年 
吉川 唯華

自評文

体育祭の時に、友達と撮った写真をモチーフに描きました。一人一人の髪の質感の違いを表現できたと思います。服のしわに時間をかけたので見て欲しいです。失敗したところは、人物に時間をかけすぎて、背景を細かく書き込めなかったところです。次からは時間配分を考えて作業したいです。

作品PE040