「しゃぼん玉」油彩 F30

旭川実業高等学校 1年 
佐々木 花

自評文

1番力を入れたのは、顔です。紫を強くして、明るい部分との対比を表現しました。背景は明暗の差を強めにしたことで、全体にメリハリができたり、人物に存在感を与えることが出来たと思います。しゃぼん玉は背景の映り込みが多いので、描き込みの具合を調整しながら進めるというのが難しかったです。また、目立たせたいもの以外はあえて手を加えないようにしました。

作品PE045