「靡く」鉛筆 F30

北海道北見柏陽高等学校 2年 
伊藤 来美

自評文

今回は私の友達で「我が世誰そ常ならむ」を制作したYさんを描きました。私が一番こだわった所は髪の毛です。彼女の長くて綺麗な髪の毛を忠実に描くため、他の影よりも濃くして存在感を出し髪の流れを意識し一本一本繊細に描きました。そしてなによりも、この絵を通して実物には及びませんが彼女の可愛さを知ってもらえると嬉しいです。

作品PG007