「あやちゃんとカーテン」油彩 F30

北海道遠軽高等学校 2年 
河瀬 果鈴

自評文

手前にいる笑顔のあやちゃんが窓の奥にいる素の表情をカーテンで隠している様子を描きました。感情の乱れている感じをモザイクがかかったように表現するために初めてナイフを使ってみたり、髪の毛などの細かい部分の書き込みを頑張りました。人前では本来の自分を思わず隠して笑顔を作ってしまうけれど本来の自分も出したいという葛藤している気持ちが伝われば嬉しいです。

作品PG022