「真実」水彩 B1

北見藤高等学校 1年 
相原 こはる

自評文

真実を手にしている女性を描きました。「真実」という漢字には「実」という漢字が使われているので、果実のブドウで「実」の部分を表現しました。また、人物も一緒に書きたかったので、人物画には初めて挑戦したのですが、肌の質感や髪の毛をリアルに見せるのにとても苦戦しました。

作品PG025