「娯楽」アクリル B1

北海道釧路東高等学校 2年 
佐々木 遥菜

自評文

この作品はシンプルにしたいと思ったので、小物などはあまり描かないようにしました。空をピンクにしたり、女の子を一人だけ描くことで、非現実な世界を表しました。女の子がいる道を星空にしたのは、私が宇宙っぽい色合いが好きだからです。山、惑星、地面の筆のタッチを頑張りました。

作品PH009