「idaten」油彩 F30

北海道帯広三条高等学校 2年 
辻 かなで

自評文

この絵の主人公は、春から札幌で暮らし始めた私の兄です。新天地で不安なこともあると思いますが、頑張って欲しいという応援の気持ちでこの絵を描きました。去年の反省を活かして、見せたいものの分かりやすさや、遠近感を感じられるように注意しました。また、パレットナイフを使った描写など新しいことにも挑戦しました。

作品PK014