「翼果」油彩 F30

北海道室蘭清水丘高等学校 1年 
中南 ひまり

自評文

この絵の題名は「翼果」です。木が螺旋を描きながら落ちて、いつか芽生える翼果と迷いながらも未来を見据える高校生を重ね合わせました。苦労した点は手前の石の質感です。階段部分は点描っぽく、階段の縁は長めに色を置いて質感の違いを出しました。

作品PM006