大会に関する諸連絡

  • 本美術展は「Web上に作品を展示し画面を通じて鑑賞」を行う「ネット美術展」となります。
    公開期間中は、どなたでもインターネットを通じて作品を鑑賞することが可能です。
    画面上ではありますが鑑賞を通じて、作者の意図を想像したり表現上の工夫などを味わってみましょう。
  • 「全道番号」は「区分」と「所属支部」を番号の先頭の2つのアルファベットで表しています。
    「P」は「平面」、「T」は「立体」、「V」は「映像メディア」のそれぞれの作品を表し、「A」は「石狩」、「B」は「道南」、「C」は「後志」、「D」は「空知」、「E」は「上川」、「F」は「道北」、「G」は「オホーツク」、「H」は「釧根」、「K」は「十勝」、「L」は「苫小牧」、「M」は「室蘭」のそれぞれの支部を表しています。
  • 参加者間の交流を目的に「批評文カード」の取り組みを行います。
    既に各校宛に石狩大会当番校(札幌西高校)より大会プログラムなどが入った封筒が届いていると思います。
    その中に「批評文カード」の用紙が、参加者一名につき「対象作品が指定されているカード」が2枚、「対象作品が指定されていないカード(フリーカード)」が2枚、計4枚が入っています。
    作品を「札幌市民ギャラリー」または「Web美術展」で鑑賞し、感想などを記入し提出してください。
    カードには必ず自分の名前を記入した上で、作者などへの誹謗、中傷などは絶対に書かないでください。
    書き終えたカードは次のいずれかの方法で提出してください。
    ① 札幌市民ギャラリーに展示してある作品のキャプション(作品題名等が記載)の封筒へ入れる。
    ②「批評文カード」が入っていた封筒を利用して当番校(札幌西高校)へ郵送する。(10月22日必着)
    ※ 札幌市民ギャラリーで鑑賞する人には「フリーカード」の追加の用紙があります。希望する人は当日、受付まで申し出てください。
  • 「全国推薦作品賞」並びに「全道優秀作品賞」受賞者へは、後日、賞状が学校へ送付されます。